BLOG ブログ

米国理学療法ウィメンズヘルスセクション認定講習会

GWの前半にお休みをいただき骨盤底の講習会に参加しました!理学療法士向けなので尿もれ、骨盤臓器脱や骨盤周りの痛みに対しての評価・治療方法といった内容でした。全国から産婦人科、泌尿器科、整形外科、スタジオ等で活躍されている医師、理学療法士が多数参加しており、講習会の内容はもちろんのことさまざまな情報交換ができ充実した3日間でした。

骨盤底の評価

アメリカでは、ウィメンズヘルス専門の理学療法士がいます。骨盤底の学術的な研究も進んでおり、骨盤底の構造や働き、体への影響が解明されつつあります。アメリカの理学療法士は開業が認められており、経膣触診での評価・治療も可能なため、的確な治療を施すことができます。しかし、日本において経膣触診は、医師又は医師の指導の下という条件がつきますので、理学療法士だけでは行えない治療法となります。(最近は、少しずつですが泌尿器科の病院で可能になってきている傾向があります。)
今回の講習会のメインは、その経膣触診の技術を学び的確な骨盤底の評価ができ、適切な治療が提供できるようになること!なので、経膣触診経験してきました。経験することにより骨盤底を具体的にイメージでき、体表から触診するよりもよりリアルに骨盤底筋を感じることができ改めて重要な場所であることを認識させられました。

骨盤底の場所はっきりわかりますか?

最近、メディアでも多く取り上げられているので「骨盤底」の言葉はみなさんご存知かと思いますが、「場所がはっきりとわからない」という声をレッスン中にもよく耳にします。骨盤底は、恥骨、尾骨、左右の坐骨を結んだ菱形の領域を指し、骨盤底筋はその恥骨、尾骨、左右の坐骨についている筋肉のことで膀胱、子宮、直腸を支えています。骨盤底筋の機能が落ちてしまうことで、尿もれや骨盤臓器脱、骨盤周りの痛みが出てきてしまいます。


(https://www.bodybook.jp/entry/201709/doctor24vol1.htmlより引用)

骨盤底筋トレーニング

「骨盤底筋の機能が落ちる=骨盤底筋が弱い」と思っている方が多くいらっしゃいます。しかし、骨盤底筋を緩めることができなくて機能が落ちていることもあります。まずはご自身の骨盤底の位置を把握し、骨盤底筋を収縮、引き上げることが十分できるか?しっかりと緩めることができるか?をテストしてみてください!締める・緩めるの両方の機能を使い分けられるようになることが目標です!

なかなか日頃から骨盤底を意識することって難しいですよね。また、手足のように大きく動くところではないので感じ取ることも難しい場所でもあります。骨盤底筋トレーニングでは、頭の中のイメージができるかどうかもうまくできるコツに繋がっていきますよ。

ビギナーピラティスの時間では、より骨盤底を意識できる方法や、骨盤底筋トレーニングの方法をお伝えしていきます!なかなか人がいる前だと抵抗がある方は、ボディメンテナンスでも骨盤底や骨盤帯に問題を抱えていらっしゃる方にも対応できますので、お気軽に相談くださいね。

名古屋市千種区池下のヨガスタジオ「&YOGA」でヨガを始めたい方は!

&YOGAでヨガを始めたい方は、お試しコース「トライアルコース3回分・スリングヨガトライアルコース1回分」をご用意しております。このトライアルレッスン中にご入会手続きをされた方は入会金が0円となりますので、トライアル期間中にぜひご入会の検討を!トライアルコースは、グループレッスンのどのレッスンもご参加可能です。ご希望されるレッスンを予約サイト又は、052-753-4911までご連絡お待ちしております。

この記事を書いた人
YUKI-田村由貴
名古屋市出身。幼い頃から体格に恵まれ、必然的にプレーヤーの道へ。バレーボール選手として高校時代を送っていたが、足首の怪我をきっかけにトレーナーという仕事に興味を持ち、体育学部へ進学。卒業後は、OLをしながら社会人アメフトチームのトレーナーとして活動するも自分の知識の無さを痛感し、再び勉強するために理学療法の専門学校へ。理学療法士として10年間病院に勤務し、一般整形外科、スポーツ整形疾患や麻痺の方まで幅広い分野でのリハビリを経験。特に膝や股関節疾患、人工関節後のリハビリを多く担当してきた。しかし、理学療法士を続けていくにあたり、病院で出会う患者さんはすでに痛みや何かしらの問題を抱えている方ばかりで、いろいろお話ししていると「もう少し前に知っていれば」「もう少し前に教えてくれる人に出会ってれば」という声を多く耳にし、日増しに予防医療の分野に興味を持つようになり、活動の場を病院からスタジオに。現在は、予防の観点から多くの人に体のこと、自分で自分の体をメンテナンスできる方法をレッスンにて伝えている。 病院に行くまでではないけど何かしら体の不調を抱えていらっしゃる方、自分でどうしたら良いかわからない方、手術後なかなか機能が回復しない方などなど気軽に相談してください。少しでも私の知識と今までの経験でお役に立てれることがあればと思っております。 ◇理学療法士 ◇Pilates Japan認定Mat Instructor ◇スリングヨガ®︎インストラクター ◇保健体育中学・高等学校第一種教諭免許 ◇フードコンシェルジュ(R)2級1級 近年の主な修了講習会; 産前産後の理学療法レベル1 (米国理学療法ウィメンズヘルスセクション認定講習会,2018) ISM The Cranium,Neck and Upper Thorax (Diane Lee,2018) 骨盤底の理学療法レベル1 (米国理学療法ウィメンズヘルスセクション認定講習会,2018) ISM The Lower Extremity (Diane Lee,2017) 運動器疾患及びウノギネコロジー疾患に対する骨盤底筋群の評価と治療 (Kathe Wallace,2016) 骨盤周囲のウィメンズヘルスケア (Diane Lee,2015) ISM Thorax and Pelvis (Diane Lee,2014)

ACCESS

〒464-0067
愛知県名古屋市 千種区池下1-4-15
川辺318ビル7F

RESERVATION

下記のボタンからご希望の予約日等入力し、完了のメールが届き予約完了となります。

メディアの方へ

&YOGAでは、積極的にメディアの方を
受け入れております。
撮影協力、取材等対応いたしますので
お気軽にご連絡ください。

ご予約はこちらから
MENUCLOSE