BLOG ブログ

ウォーキング

 

こんにちは

日曜日11:00~ピラティスを担当しています KEIKO です。

 

新型コロナウィルスの影響で

スタジオに行くことを自粛されている方も

いらっしゃると思います。

外出ができないことのストレスや

運動不足でも免疫力が下がってしまいます。

そんなときは歩くことをオススメします。

 

レッスンでもお伝えしていますが、

正しい歩き方をすれば、

歩くこと自体がエクササイズになります。

 

ご自分の歩く姿を確認したことはありますか?

前に向かって歩いているので

背面を意識して歩いている方は

少ないのではないでしょうか。

 

前の足が地面に着いたら

すぐ後ろの足を曲げて、

腕も前に向かって振っている

歩幅も小さく肩も丸まってしまいます。

これではあまり筋肉を使えていません。

前の足が着いたら

できるだけ後ろの足は伸ばし、

最後に親指で蹴り出します。

後ろの腕はさらに後ろに引くように

前に向かって歩いているのですが、

後ろに引き戻されているような意識を持つ感じです。

 

体に歪みがあったり

筋肉のバランスが悪いまま

運動を続けることは

曲がった釘を打ち続けているのと

同じ行為と言えます。

 

関節に負担がかかり

違和感や痛みが出てきてしまう

場合があります。

 

正しい姿勢、

正しい体の使い方を

身に付けるためにはピラティス

 

&YOGAでお待ちしています。

 

 

この記事を書いた人
KEIKO-小西桂子
生まれも育ちも愛知県ですが、1度だけ東京に住んでいたことがあります。 それはなぜかと言うと… 中学生のころ観た映画「フラッシュダンス」に衝撃を受け、踊れるって何てカッコいいんだろうと思い、高校生からジャズダンスを習い始めました。当時は今ほどダンスがメジャーではなく、ネットもないので情報も乏しく、とりあえず東京に行かねばと上京しました。 でも、ダンサーの道は険しく挫折。愛知県に戻って、昼はOLをしながら、夜はダンススタジオに通い、舞台に出たりしていました。 転機は結婚してから、今までは自分が踊ることしか興味がありませんでしたが、人に教えたいと思うようになり、ダンスインストラクターとしても活動し始めました。 子供ができてからはママ友がダイエットしたいという要望にお答えしてストレッチを教え始めましたが、ダンスのストレッチはキツかったみたいで、気がつくと誰も付いてきていないことも… これではダメだ‼と自分自身が色々レッスンを受け、ヨガとピラティスのレッスンが終わった時の体が軽くなる感じに惚れて直ぐにインストラクターを取得しました。 段々と理想のダンスができなくなるので、自分自身もダンスに代わる何かをずっと探している時でした。ヨガは人に合わせなくてもいい無理はしなくてもいいいくつになってもできるのが魅力です。私自身、ヨガを始めて体調を崩すことが少なくなったこともそうですが、意外とクヨクヨ思い悩む性格だったのに、全然気にならなくなりました。頭の中が無の状態、未来のことしか考えなくなりました。自分が経験したことを自身を持ってお伝えしていきたい。そして1人でも多くの方のQOL の向上にお役にたてるよう努力していきたい。いつも心が凪の状態でいられるヨガを一生大切にしていきたいです。 IHTA認定ヨガインストラクター2級取得 IHTA認定ヨガインストラクター1級取得 全米ヨガアライアンスRYT200取得 IHTA認定ピラティスインストラクター IHTA認定小顔フェイシャルヨガインストラクター

ACCESS

〒464-0067
愛知県名古屋市 千種区池下1-4-15
川辺318ビル7F

RESERVATION

下記のボタンからご希望の予約日等入力し、完了のメールが届き予約完了となります。

メディアの方へ

&YOGAでは、積極的にメディアの方を
受け入れております。
撮影協力、取材等対応いたしますので
お気軽にご連絡ください。

ご予約はこちらから
MENUCLOSE